パート・アルバイトでもキャッシングは可能なんです

パートやアルバイトで収入を得ている人であっても、急な出費に対応しなければならない状態というのはままあることです。たとえば結婚式が重なった場合。お金がないなら結婚式などに出席しなければ良いのにという意見もあるかもしれませんが、自分の結婚式に来てくれた人なのに、呼ばれた式に行かないわけにはいきません。

 

特に、ある一定の年齢に達すると、どうしても結婚式は重なったりするものです。


結婚式に行くと、どうしても祝儀やら交通費やら出て行くお金が増えてきます。そうなると、少しずつ当座の生活費を切り崩しながらやりくりしていくことになるのですが、お金が足りなくなってしまった場合に便利なのが、

 

消費者金融などをはじめとする各種キャッシング・カードローン業者です。


最近では、総量規制の関係で正規雇用でない派遣・パートやアルバイトではキャッシングを利用できない業者が増えてきており、逆にいえば、そうした人たちを対象にすることで、さらなる顧客層の拡大を計っている業者に人気が集中しています。

パート・アルバイトでも利用が出来る人気集中のカードローン

ですが、実際に利用する側からすれば、できるだけ安心できる先から借入を受けたいものです。そうした場合の選択肢としておすすめなのが、ビッグネームのプロミスアコムが高い人気を持った業者といえます。

アコム・プロミスの特徴は、平日14:00までにオンライン契約が完了すれば即日振込が可能、オンライン契約が完了すれば最寄の自動契約機で即日カード発行可能即日融資が可能なこと。更には銀行にはないサービス

 

  • プロミス・・・初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)
  • アコム・・・最大30日金利ゼロサービス(要35日毎返済の選択)

でも人気のカードローンになっています。

パート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能な低金利カードローン

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年利 年4.5%~17.8%
借入可能額 最高500万円

パート・アルバイトの方でも安定収入があれば申込が可能なプロミスはパートの方・パートの主婦の方に嬉しいサービスが満載です。まず郵送物なし誰にもバレずに申込めるWEB完結サービス。次に女性オペレーターが対応してくれるレディースキャッシング。もちろん借入条件・サービスは一般申し込みと同じです。
早期返済して利息を圧縮したい方には初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)が大きく貢献してくれます。
スピード審査で契約完了すれば即日振込可能金融機関・曜日・時間が拡大しているので便利ですし、三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座を登録すれば24時間・365日最短10秒で振込可能な瞬フリ業界断トツの設置台数の自動契約機での即日カード発行で即日融資も可能です。

※即日融資は時間・曜日などにより当日中の融資ができない場合があります。

アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年利 年3.0%~18.0%
借入可能額 最高800万円

SMBCモビット

SMBCモビット

実質年利 年3.0%~18.0%
借入可能額 最高800万円

パートで安定収入のない主婦や専業主婦はどうすればいい?

 

  • 安定したパート収入がないんだけど・・・
  • そもそも専業主婦だから収入なんてないのよ・・・

こんな主婦の方でも主婦なら配偶者(旦那さん)の与信で銀行カードローンで審査が可能でした。ところが、貸金業者に比べて規制の少ない銀行カードローンを規制しなければならない事案が金融庁で発覚してしまいました。それは、

 

総量規制で貸金業者を規制して以来、減少し続けていた自己破産者が近年増加しだしたことです。


消費者金融を含めた貸金業者は総量規制によって年々貸付残高を減少させており、現在貸金業者の倍以上の貸付残高まで急増させてきた銀行カードローンにその責任があると金融庁は判断して規制に踏み切りました。

金融庁は与信の少ない方への貸し出し、自己破産に近い方への貸し出しを自粛するよう全銀連に求めた結果、

 

銀行カードローンの専業主婦の申込ができなくなったのです。


これらのことがありますが、パートで安定収入があれば大手消費者金融に申込めますのでキャッシングは可能です。

パート収入で即日キャッシングは可能なのか?

パートでも安定収入があればキャッシング可能ということは前述の通りです。しかし、

 

もう財布も空だから今日すぐ借りたいんだけど・・・


こういう状態の場合に即日キャッシングが可能かどうかを知っておきたいところです。パート収入で即日キャッシングを受けるには、

 

  • 申込み日に振込融資をしてもらう
  • 申込み日にカード発行をしてキャッシングする

以上の手順でパートでも即日キャッシングを受けることが可能になります。

パートで申込み日に振込融資をしてもらう

申込み日に即日振込をしてもらうには、振込融資の苦手な銀行カードローンは選択対象から外さなければなりません。銀行カードローンで振込融資のサービスのあるところは少なく、ある銀行でも口座は自行口座のみで、その日に振込融資可能な時間も非常に短く、振込融資には向かない為です。しかも前述の通り、

 

全銀行のカードローンで即日融資は不可能になりました。


なのでパートで即日振込可能なのは大手消費者金融ということになりますので、大手消費者金融の申込み日の振込融資の可能性を見てみましょう。

 

まずプロミスなら24時間365日最短10秒で振込融資可能な瞬フリがあります。ですので、

  • 三井住友銀行の口座
  • ジャパンネット銀行の口座

どちらかであれば、登録する事で瞬フリが利用可能なのでこの口座であればプロミスで決まりです。


その他の口座でパート収入で即日振込を受ける時の条件は全銀システムの稼働時間の拡大で以下のように変更になっています。

パートで申込み日に振込融資をしてもらう条件

条件 詳細
プロミス 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が増加(詳細はHPで確認) 詳細
アコム 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が増加(詳細はHPで確認) 詳細
SMBCモビット 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が増加(詳細はHPで確認)※ 詳細

※曜日・時間によっては不可能な場合もあります。

パートで申込み日にカード発行をしてキャッシングする

パートで申込み日にカード発行をするには、カード発行機・自動契約機が必要になってきます。これも大手消費者金融の領域ですが、三井住友銀行カードローンには三井住友ACMという契約機がありますのでカード発行は可能です。

三井住友ACMは、プロミスのかーどを発行する事もできます。またメガバンクなので店舗数はありますが、地方には余りないので地方でのカード発行は若干厳しいということもあります。

この辺のカード発行機・自動契約機にいけるかどうかの判断材料になるのが設置店舗数です。業界一のプロミスは全国約1,700店舗なので、隈なく自動契約機が設置されています。

カード発行機・自動契約機の設置店舗数

設置店舗数 詳細
プロミス 約1,700台 詳細
アコム 約1,041台(平成30年4月現在) 詳細
SMBCモビット 約435台 詳細

※ 設置店舗数は2015年9月現在です。

月々の返済額で選ぶのも収入の少ないパートにとって重要

急な出費とは、できるだけ短時間でまとまったお金を用意しなければならないということでもありますので、申込から融資までがスピーディーに行われることを考えると、上記のキャッシングはまさに最適な業者であるといえるでしょう。

パート主婦の場合、収入が少ないので借りた後の返済も考えておかなければ

 

  • 結局旦那に頼ってしまって怒られたり
  • 家計から捻出したりしなければならなくなります。

ですので多めに返済して行くに越したことはないのですが、無理な返済だと余計な延滞利息がつきますし、信用情報にも遅延・滞納の情報が載ってしまいます。

 

ではどこを見れば月々の返済額が分かるの?


それは各キャッシングの最低返済額を見れば分かります。もちろんそれ以上返済してもいいのでこれくらいなら返済は滞らないという額のキャッシングを選ぶのも一つの方法になります。

5万円の残高があるときの核キャッシングの最低返済額

プロミス 2,000円
アコム 3,000円
SMBCモビット 4,000円
三井住友銀行カードローン 10,000円
みずほMy Wing 10,000円

パートをしていない専業主婦がキャッシングする為にある配偶者貸付の実際

サラ金地獄と報道されていた長年の多重債務者問題の解決と安心して利用できる貸金業界にするために2006年に成立した改正貸金業法により総量規制が導入され、法的な借り入れ限度額を定めることにより、多重債務に陥りやすい専業主婦の借り入れを困難にさせ、また

 

消費者金融業者による返済能力を超える過剰な貸し付けを抑制する措置を摂りました。


そして個人に対し、年収の3分の1以下であれば融資を可能にすることを定めました。当然、

 

収入のない専業主婦は、お金を借りることはできません。


但し、総量規制の例外として「配偶者貸付」が認められています。配偶者に収入があれば、夫婦の合計年収で総量規制が適用されるため、本人に収入がなくても借り入れが可能となります。

専業主婦がお金を借りるには実用的でない配偶者貸付

ただ専業主婦は仕事をしていない、収入がないため、貸したお金の回収も見込めないと判断し、専業主婦がお金を借りようとしても、

 

ほとんどの消費者金融業者では配偶者貸付の取扱いをしていません。


又、取扱いのある業者で「配偶者貸付」に申し込んだとしても、

 

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を証明する書類(住民票・戸籍抄本など
  • 配偶者の収入証明書

を提出する必要があります。当然、配偶者(夫)に内緒でお金を借りるということは困難になります。それだけ厳しい規制が敷かれていることの表れでもあります。故に、貸金業者にとっても

 

「配偶者貸付」は手続きが面倒で、その割に利益にならないので収入のない専業主婦は対象としていないのです。


「専業主婦でも、お金を貸します」という貸金業者があったら、それは違法金融業者の可能性もなきにしもあらずです。

専業主婦が唯一キャッシングできる銀行カードローンも規制され八方塞がり

銀行法には、総量規制が設けられていなかったので、専業主婦の駆け込み寺的なカードローンになっていました。しかし周知の通り、総量規制で縮小した大手消費者金融の信用調査能力を借りて、銀行カードローンも消費者金融と同じ轍を踏んでしまい、規制されることとなりました。

 

夫に内緒でお金を借りる事は不可能なのかなぁ・・・


旦那さんに相談して旦那さん自身でカードローンを作ってもらい借りてもらう、若しくは数少ない配偶者貸付を実施している貸金業者で借りる、いずれにしても旦那さんの同意なくしては借りれない状況が、現在の専業主婦の借入状況です。

キャッシング業者を全て管轄しているのは:財務省パートをしていない専業主婦は即日融資可能?カードローン主婦パート夫に内緒でキャッシング

パートキャッシングする方必見!消費者金融の提供する無利息期間サービスとは?

最近では、無利息期間を設けている消費者金融が増え、2016年2月からは大手消費者金融のアイフルでも無利息期間サービスが始まりました。無利息期間サービスを設けている消費者金融では、それぞれ無利息期間が異なっています。

業者名 無利息期間 起算日
プロミス 30日間 初回利用日の翌日
アコム 30日間 契約日の翌日
アイフル 30日間 契約日の翌日
ノーローン 7日間 利用日の翌日

アコムとアイフルでは、契約日の翌日から30日間無利息期間が発生し、プロミスは初回借入の翌日から30日間が無利息期間となっています。そして、ノーローンでは上記の3社よりも短い借入の翌日から7日間が無利息期間の適用となります。

各業者の無利息期間サービスのメリットとデメリット

ただアコムやプロミス、アイフルでは無利息期間は初回の申し込み限定となっており期間が過ぎてしまえば、それ以降無利息サービスを利用する事は二度と出来なくなるのです。

 

ノーローンだけが短いけど他社よりメリットはあるの?


しかしノーローンは期間こそ短いものの、

 

全額返済した翌月になれば何度でも7日間の無利息サービスを利用する事が出来ます。


給料日までの数日をやり過ごす為など少額の借り入れには有効ですが、7日間で返済出来ない様な額の場合はその後利息が発生するため、ノーローンの無利息サービスは他社と比べて適用期間の短さがデメリットになるでしょう。

 

プロミスとの違いってどういう事?


アコムやプロミス、アイフルは無利息期間が30日間と一見同じ様に思えますが、計算方法に違いがあるので注意しましょう。

 

    アコムとアイフルの無利息期間は契約日の翌日から30日間の為

  • 契約から20日後に借り入れを行った場合、実質10日間しか無利息にはなりません。
  • プロミスなら契約日に関係なくては初回の出金から30日間の為、

  • 契約から20日後に借り入れを行っても30日間無利息が適用されるのです。

とても便利な無利息期間サービスですが、残念な事に専業主婦は消費者金融の無利息期間サービスを利用する事は出来ません。というよりも、専業主婦は総量規制により消費者金融に申し込みをする事が出来ないので当然無利息期間サービスも利用する事は出来ないのです。

専業主婦のキャッシングの適正範囲は旦那の年収の年収の1/10程度?

パート主婦に限らず、消費者金融のキャッシングの限界ラインは、

 

法律(総量規制)でも決められている年収の1/3までと決まっています。


勿論いっぱいいっぱいまで借りれるとは限りませんが、これが融資側が出せる限界です。(消費者金融などのノンバンクははこれを超える事はありません

特に年収というのは額面で計算するので、200万円だとしても手取りで考えれば160~180万円程度です。そう考えると、少なめに見積もっても

 

年収200万円の方のギリギリのラインは、60万円の借り入れになります。


適正範囲という意味では、ここからさらに1/3、つまり20万円程度で考えるのが、無理なく返済ができるラインといえるでしょう。全体の年収で言えば1/10まで下がりますが、利息分を考えるとこれでも実際返済生活となるとかなりの節約生活を強いられます。

自身で稼ぐわけではない専業主婦の方の場合は、どうしても返済計画は安定しません。トラブルは常に夫側や周りが引き起こす事になるので、自身が節約生活を順調に過ごしていても安心できる訳ではないのです。

 

またこの1/10の限界ラインとは別に、最初の借り入れはギリギリ足りるというラインにしておきましょう。


生活費で考えればどうしても余剰金が幾らか欲しくなりますが、結果的に利息でその余剰金以上の返済をすることになります。足りない分が3万円なら3万円で留めておきましょう。もしもの時の為にと考えて5万円を借りるのは、後から自分の首を絞めることになります。

特に専業主婦とパート主婦にはかなりの違いがあり、専業主婦は借り入れができるところも限られます。基本的には街金と呼ばれる利息が高めの消費者金融か、夫の方の社会的信用が高い方限定の銀行系カードローンかのどちらかになります。

良くも悪くも、専業主婦の借り入れは自分で解決する事はできないという事を覚えておいてください。返済が夫や他の方の収入頼りになる以上、完済まで全く安心はできないのです。

主婦の仕事って1年でいくらなの?

専業主婦の仕事といっても個人差があると思いますが、今回は旦那さんの家事育児への協力が殆ど得られない場合について考えてみたいと思います。夫婦と小学生、未就園児という4人家族をモデルにします。

実際このような場合は保育園を活用出来なければ、妻は外に働きに出られないですから、専業主婦という設定はかなり多いと思います。朝6時から朝食の準備などが始まり、昼12時まで家事が続きます。時給に換算すると、

 

1時間当たり最低でも800円~となりますので午前中だけで4,800円です。


もし、家族が少なく家事がお昼まででも充分に出来てしまう環境の専業主婦なら4,800円×365日で年収換算すると1,752,000円です。しかし最初の設定である4人家族となりますと、これに育児が付いてきますのでこれからそちらを見てみましょう。

専業主婦の年収を計算してみる

お昼休みを1時間入れたとして(手のかかる未就園児が一緒では実際にお昼休みは取れないというご意見もありそうですが)午後は13時から21時まで8時間働きます。時給800円で換算すると6,400円です。午前と午後を合わせてみましょう。

 

午前中6時間、午後8時間の労働で一日あたり11,200円です。


これを1年間で計算してみましょう。4,088,000円になります。もし旦那さんが朝6時より前に出勤という場合や夜9時に帰宅せず、すべてを専業主婦の奥様が担っている場合は、この金額にあと1時間分・・・いえ、2時間分・・・と加算していきます。

 

本当に稼げたら嬉しいけれど・・・


1時間分加算してみましょう。1時間でも1年分ですと292,000円です。その場合は(たとえば夜10時まで一人で担う場合)4,380,000円となります。

いくら働きに出てない、旦那に収入の大部分を任せていると言っても、家事でこれだけの経費分を働いている訳です。パート主婦・専業主婦どちらにせよ旦那さんと同等のキャッシングをする権利は十分にあります。

主婦は意外と大変だからキャッシングもしたくなる

専業主婦というと、働いて主婦業もこなしている人より楽そうに見られがちです。しかし、専業だからこそ大変なことというものもあります。とにかく自由になる部分が全くないのです。

舅姑から常に監視

働いていないことで家にいることが多いため、

 

舅姑から常に監視されることになります。


舅姑が必要なときに家にいなければ怒られ、おいそれと友達と出かけるという事もできません。専業だからと家事を完璧にこなすことを求められることになります。夫婦間ではうまくいっていても、たまに夫が家事をしていると舅姑の期限を害してしまうことになります。

 

世代が違うと男性が家事をすることについての意識が大きく異なり、それを理解してもらうのは難しいことでもあります。


専業主婦はそれほど自由はない!

こうした環境の中にいると、

 

  • 自分のために何かをする
  • 外出をする

という事は大きな制限がかかることになります。時間が自由になるというイメージが強い専業主婦ですが、状況によってはこうした形で自由が奪われてしまう事もあるのです。これは世間のイメージと大きく異なるということが出来るでしょう。

自由さを求めて専業主婦になろうとしている方はもう一度考え直すことが必要です。

 

余程の旦那の収入に恵まれない限りはまた、金銭的にも自由度が全くありません。


結婚時点で夫がある程度安定した収入と仕事を持っていたとしても、転職してしまう可能性もあるのです。それにより家計収入が大きく減っても、一度専業主婦として家庭に入ってしまうと再び自分で収入を得る道は狭くなってしまいます。

何より自分で稼いでいないことで、自分のためにお金を使いにくいという事が大きなネックとなります。何か将来につながる習い事などをしたくても、それに使える資金がありません。夫の収入が減ることに加え、

 

嫁が自分のために息子が稼いだ金を使うことに嫌悪感を示す舅姑の言動に耐えていかなくてはならないからです。


そのため、もう何もできないという意識に陥り、精神的にも良くない環境になってしまいます。専業主婦だからと言っていいね、という方に現実を知って欲しいですし、こういった精神的なストレスを解消する為の専業主婦の借入を許して欲しいですね。

専業主婦と兼業(パート)主婦の生活スタイル

専業主婦と兼業(パート)主婦の生活スタイルの違いは簡単にいうと「お金」と「時間」に関する意識の違いです。もはや絶滅危惧種ともいうべき専業主婦は、自分の収入がない代わりに時間があります。

この時間を家族の利益のために使用するわけです。美味しい食事・清潔な寝具・整えられた室内など、家族の利益は多種あげられますがつまるところ「快適さ」と同義語といえます。

しかし、「快適さ」とは家族とはいえ個人の感じ方が違いが大きく、その快適さに慣れてくると意識することがなくなり「当たり前」のこととしてとらえがちで専業主婦がその快適さを供与するためにいくら労力を行使したとしても感謝されにくいという側面があります。

一方兼業主婦は「快適さ」を「自分の時間を使って稼いだお金」で買うことができます。専業主婦が家族に供与する数々の利益も、お金さえ払えば同じように家族に与えることができるわけです。しかし時にどうしてもお金で解決できない問題が生じます。子供と過ごす時間は大人にとっては

 

「時間が長ければいいというわけではない」という量より質理論が支持されがちです


が、子供にとってはただだらだらテレビを見るだけでも母親と一緒にいるほうが良いという「質より量理論」が圧倒的で、ここに働く母親のジレンマが生じることがあります。

いずれにせよ家族へ与える利益のクオリティと自分の満足感とのバランスさえ取れていれば専業主婦・兼業主婦の生活スタイルの違いに関わらず「幸福感」の高い主婦になれるはずです。

パートでキャッシングした体験談

へそくりも底をつきパート代も底をつき

 

子供が中学受験をうけるとなって家計は火の車です。旦那と私のパートの収入を合わせても額面で1,000万円強。受験を終えた後、2人の娘が大学まで私学に通うとなると学費だけで毎年180万円必要になります。

節約できるものといったらわたしと旦那のお小遣い以外にありません。今も子供たちは塾と並行して進学塾に通っています。とにかくこれから10年間の学費および習い事にかかる全教育費をどう捻出するか。

今通常の口座とは別に旦那に内緒で毎月2万円ずつ貯蓄しています。ほとんどわたしのパートの給与からですが。もちろん、これくらいでは学費、教育費の足しになりませんがいざという時にはこのへそくりを使って、遊興費やもしもの時の医療費などに充てたいと思います。目標は100万円です。


アイディア1つで使える金額が増えるがキャッシングでもっと増える

 

専業主婦になってからというもの、自分で自由に使えるお金は毎月とても少なく好きな物が買えない!好きな事に使えない!というのが凄く不満でしたが旦那にバレないように生活費などを少し節約すれば主婦でもある程度使用出来る金額は増えます。

日用品や食費、交通費などを少し節約すればいいのです。何でもアイディア1つで頑張ってやりくりする事が大切だと思います。

最初は色々不満でケンカもたくさんしていましたが、今ではこの方法で自分の食べたい物や欲しい物などを毎日少し買って楽しんで生活しているのでケンカもなくなり、たまに余計にお金をくれた時は自分の両親や子供の物を買ったりしています。

今の生活でも充分満足しているのですが、これから子供が大きくなったら社会に出てまた働いて少しずつですが貯金もしていけたらいいな~と思っています。


お金の大事さをパートをすることで痛感する

 

結婚し少ししてから私は専業主婦になりました。夫婦だけで暮らしていく分には問題のない旦那の稼ぎです。しかし我が家では猫を飼い始め、その猫が先日病気になってしまいました。動物用の保険もありますがそほ保険は適用されないものがほとんどです。

ですので月々払っていても結局は払うほうが多くなりマイナスになるので我が家では実費で払っています。そんな猫の病気はもう治らないものなのですが家で点滴をすることによって症状を抑えることができます。点滴代や薬代療法食などで軽く月に五万円は飛んでいきます。

そうなってくると家計は厳しくなります。しかし猫の看病もしなければならない今の状況で私が外に働きにいくことはできません。これなら猫を飼う前にもっと働いて稼いでおけば何の問題もなかったんだろうなぁと今更ながら思っています。猫には長生きをしてほしいのです。お金もほしいです。なかなか難しい問題ですね。


パート主婦は自由なお金がない

 

結婚して子供ができるとなかなか外に働きに行くことができません。近くに子供の世話を手伝ってくれる親がいればよいのですが、遠く離れていたりすると難しいです。仕方なく専業主婦をやっている女性も多いと思うんです。

私もやはり夫を気にせず、自由に使えるお金が欲しいので外に働きにいきたいという気持ちもあるのですが、できないでいます。働きに出たほうが気分転換にもなるし、自分のお金はできるし、幸せだと思うんです。ですから、最近は自宅で得意の裁縫を生かして、子供の世話の合間に手作りの小物をつくり、ネットオークションに出して売ったりしています。

ほとんどお金は儲かりませんが、でも自分で稼いだお金は小銭でも嬉しいものです。しばらくの間は、自宅でできることで、お金を作っていきたいなと思っています。そして、後数年したら専業主婦を卒業したいです。


Copyright© パート・アルバイトでもキャッシング可能※数少ない優良キャッシング , 2018 All Rights Reserved.