若い子が続かず中年の主婦パートが増える職場

医療事務の資格を取得したのにあまり稼ぎにならなかった!?

30代半ばで医療事務の資格を取得し、パートとして週3〜4日ほど、北海道の診療所に勤務していました。曜日によって違いますが、1日4〜7時間の勤務をし、最低賃金とほぼ同じだったので、1ヶ月に6万ぐらいの収入になりました。

 

仕事内容は受付や会計が一般的ですが、小さい診療所なので掃除から電話対応、カルテ出しまで、全てできなければいけません。しかも限られた人数しかいないので、忙しいとトイレにも行けないぐらい大変です。

その割には人の命にかかわるので責任は大きい

また人の命にかかわることなので、薬の入力ミスなども許されず、かなり緊張を強いられる仕事だったと思います。ですが仕事自体は勉強になり、知識もついてくると楽しくなる仕事でもあります。

 

極端に忙しくない職場で、人員の融通も利くならば、休みもきちんと取れて、パートとしては悪くないと思います。一度経験を積めば、転勤などで辞めてもまた働きやすいと思って始めました。

 

ですが、実際にスタッフの入れ替わりが多い仕事なので、メリットばかりではありません。他にもいろいろパートをしてきましたが、責任の割に時給も安く、精神が擦り切れることが多い仕事でした。

女性ばかりの職場

女性ばかりの職場なので、陰険なことにも耐えなければならないし、患者さんからのクレームにも上手に対処しなければなりません。暴言を吐いたりする患者さんもおり、医療現場では問題にもなっています。

 

そういったことを考慮すると、若い子が厳しい職場環境に耐えられず辞めてしまい、中年のパートが増える仕組みになるのも理解できます。どんな仕事も楽な仕事などありませんが、通常よりも重たいパートであることは間違いないと感じました。