パートでも在籍確認作業はある

パートのように非正規として働いている方でも、カードローンの申込みの際に在籍確認をしなければなりません。確認作業をしないままカードを発行する場合は、確認作業をしなくてもいい方法を利用することとなりますので、基本的には確認しない限りカード発行の手続きはしないことになります。

 

こうした状況を考えて申込みをしないと、もしかしたらカード発行に時間がかかってしまい、希望している日数までに借りられない状態になる可能性もあります。パートの場合でも、カードローンを発行している会社から、働いている所に連絡が入ります。

 

ただ個人名義での確認となりますので、カードローンを提供している会社であることは一切分かりません。電話に出た人に対して、申込みをしている方がいますかと話をします。

 

電話に出ることが出来るのであれば、電話を代わりますという感じで対応することとなり、ちょっとした確認作業を行って終わります。電話に出られない場合は、本人にかけますのでという話をして電話を切るので、後から在籍確認が行われたことを知ることができます。

 

パートでもしっかり対応しなければならないので、こっそりと発行することは難しくなっています。一応一部の会社のみ、在籍確認をしなくても発行できる手段は用意されていますが、それを利用できないなら確認はしなければならないのです。

 

カードローンの確認は個人名義で、なお且つ速やかに行われるので、そんなに目立つようなことはありません。